So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

憧れの色彩選別機 [2019稲作作業]

今年も着色、斑点に頭痛が痛い (-_-)

21.JPG

色彩選別機が欲しいかも。
5インチライン対応品では、
本体+周辺機器で250~300万円か。



設置場所は何とかなりそうかも。

23.JPG

が、そんな新品は、
おいそれとはゆかぬが、
中古が100~150万円で、
取引されているようなれば、
ちょっと考えてしまうかも。

あくまで「かも」=憧れ (^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

最近の1日 2019秋 [2019近況]

コンバインのキャビンで今日も流れる、
闘いのドストライクBGM!


薄暗い早朝5時過ぎに目を覚まし、
5時半頃から籾摺りは1時間半だ。

31.JPG

まだ朝露の9時前に出荷だが、
フレコンの下ろし作業は、
出荷先の担当者さん任せで楽チン。

32.JPG

問題は袋詰め品で、
出荷先では自分でやることがほとんど。
慣れないフォークリフトで、
狭く、しかも傾斜地作業だ。

33.JPG

たまに同業者がいるとお願いだ (^^)

34.JPG

そして稲刈りへ出動だが、
開始は遠征地により10時半から11時過ぎだ。
朝露も切れて快調な作業=
=暴走コンバイン!

36.JPG

そして自分で籾トラックで運搬だ。
最遠地は約10km先で往復約20kmで、
運転時間だけで30分か。

37.JPG

籾を乾燥機へ移送は20分程度だ。
乾燥機と籾トラック容量から、
1日3往復がルーティンだ。
もちろん昼食の時間は無しで猛進 (--#)v
刈取り面積は80a~1ha/日だ。

38.JPG

そして夕方になる。
籾摺りの籾殻は牛舎で敷料とするので、
袋詰めされているを運搬だ。

39.JPG

1日約軽トラックで4~5台分だ。

40.JPG

41.JPG

牛舎に置き場がない場合は、
おんぼろビニールハウスへ保管だ。
越冬し1年分なので (@@;)
運搬を日中に2号へ依頼の時もあるが、
2号も忙しい場合は当然に私だが、
5台も運ぶと30分以上を費やす。

42.JPG

そして籾摺りは約2時間。
炎の4インチが火を噴く!

43.JPG

ボケーッと1000kgのフレコンに比べ、
30kgの1袋1袋は疲れ倍増だが、
いちいち札束と見立て奮起だ (`へ´)

44.JPG

20時頃にようやく帰宅。
疲れた・・・乾杯・・・バタンキュ~(-_-)゚zzz…

47.JPG

そしていつの間にかブログも更新されている。

と最盛期はこんな1日の繰り返しだ。
今頑張らずして、いつ頑張る!?と。

そんな中で雨で2、3日のひと息 (^。^)y-゚゚゚
台風19号だが、こちらでは、
思ったより被害は無くありがたい。

稲刈り残りは10/14現在で約4ha。
あと5日は費やす。
週末は、また雨か・・・(゚´Д`゚);;;オワラン エードリアーン


nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り2019(4)お互い邪魔 (--#) [2019稲作作業]

3日晴れて2日雨という感じ。

61.JPG

さて地元地区へ帰還し、
山形ハイエンドつや姫の刈取りだ。

62.JPG

北部地域のはえぬきに頭痛であったが、
このつや姫は収量ヨシ!ヾ(^v^)k
長引く稲刈り作業が嬉しい。

63.JPG

そんな地元地区名物が、
刈取った藁の直ぐWCS!

64.JPG

長目カットの廃藁を、
ロール&フィルミングだ。

65.JPG

後工程になるWCSは工数を要するため、
鼻息荒くコンバインの後ろを猛追だ。

66.JPG

67.JPG

運搬のトラクター、トラックも。

68.JPG

稲刈りの籾トラックも同じ出入口なれば、
いちいち移動がかったるい。

69.JPG

・・・ということで結論=
お互い邪魔 (--#)

70.JPG

大型機械同士で接触した過去があるので、
お互いピリピリしつつ、お互い猛進!

71.JPG

72.JPG

何はともあれ、少々遅くなろうが、
地元地区は近くて楽チン楽勝。

73.JPG

まだまだ闘いは続く (--#)


nice!(0)  コメント(0) 

フレコン作業のアドバイス [2019稲作作業]

そんなフレコン作業。

51.JPG

保管先でもナナメリーノ!
「お前のは直らねー(--#)」
とのこと・・・・(゚´Д`゚);;;

52.JPG

さて刈取りはつや姫となり、
出荷先の都合でフレコンは不可で、
袋作業となっている。

53.JPG

54.JPG

そんなところで先日、
同じ置賜地区内の稲作農家さんから、
同じフレコン作業機での、
アドバイスのコメントを頂いた。
まったくありがたいことだ。
既に今年のフレコン作業は終了したが、
来年の参考にさせて頂きます。

55.JPG

こんな情報を得ることも、
ブログを続けている、
目的のひとつでもある。

皆さま今後もよろしく、
お願いいたします <(_ _)>


nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り2019(3)今年も泥んこ格闘 [2019稲作作業]

あの舟渡地区の泥んこにも参ったが・・・

51.JPG

・・・ここ小渡地区にも嫌な予感の田んぼが。

16.JPG

いつの間に水が入っているんだ!(--#)
しかも雨開けなので気持ち倍満 (×_×)

17.JPG

まずは奇麗な横一方向なので刈れる。
最新機の恩恵をひしひしと感じる。

18.JPG

はぁ~やれやれ (^0^;)

19.JPG

30a一枚の中でも生育状況は雲泥の差。
奥は水が掛からずパッサパサは、
特に夏場の水管理に課題有りだ。

21.JPG

隣の田んぼも同様に酷い。

23.JPG

ここで水田長靴で手刈り!
の元気などあろうはずもなく、
踏んづけても潰してもやむなし!
と覚悟して前進すると、
案外上手く刈れたりする (^。^)y-゚゚゚

24.JPG

水路の分岐マスが完全に止められず、
チョロチョロと流れ込んでおり、
どこから田んぼに入るのか?
水口はがっちりと止まっているようだが。

25.JPG

んんん!

26.JPG

あった・・・(゚´Д`゚);;;

27.JPG

稲刈りが終了したら、
秋の内にモルタルで埋めておこう。
一体何ヶ所あることか?

その際、面倒なのは、
地域内の防火用水として常時流している水路だ。
他地域から止める段取りは非常にやっかいだ。

仕事って辛いな・・・。

と弱気になることのひとつ。
ニンジン=ご褒美に向けてガンバるか (-_-)


nice!(0)  コメント(0) 

籾摺り2019(2)フレコン作業は蜜の味 [2019稲作作業]

さて出荷先によりフレコン作業の開始だ。

31.JPG

あまりに楽チンで、
クズ米の袋作業さえ嫌に感じる。
まさに蜜の味は堕落させまくる (^_-)☆

32.JPG

しかし相変わらず、
座りの悪いもの=
=ナナメリーノを作ってしまう。

33.JPG

そこで荷台への積み方向も工夫をし、
最悪を避けるべく前へ逃げる。

39.JPG

ゆえにロープは必須。
これで安心して国道や町内中心部を、
精神衛生良く暴走できる d(^^)

35.JPG

ゆえに真っ直ぐ品でも、
到着する時にはナナメリーノ!

36.JPG

努力はしているつもり。
最初の200kgまでの形が重要か?

38.JPG

シュート位置も試行錯誤。

37.JPG

でも結果、ごめんなさい <(_ _)>

しかしフレコン(1092kg)は、
作業軽減の効果大だが、
良いものも悪いものも混合なれば、
結果的に30kg袋よりも、
等級が出ないものも多い。
それは現状の私の実力でもあり、
反省、課題でもあるが・・・。

・・・伸びしろ有り!

と前向きに受け入れよう (^^)


nice!(0)  コメント(2) 

稲刈り2019(2) [2019稲作作業]

夏だなぁ~♪(?)


暑い日が続きクラクラ (@@;)

41.JPG

頭もおかしくなっている。
なんかオカシーな (@@;)
(マチガイが判るかな?)

42.JPG

とは云うものの、
キャビン内はエアコンで快適だ。

43.JPG

籾の乾燥状態も良いし快調だ。

44.JPG

しかし油断はならぬ。
暴走しつつ、目の前に集中を!

45.JPG

おーっと、急停止!
選別で除去できずコメに混入する、
厄介なマメの木、クサネムだ。
コンバインに入ったらアウト (>o<)

46.JPG

そんな暑く熱い日が続く、合掌。

47.JPG

さて快調ばかりでもない。

49.JPG

用水路から水漏れし、
田んぼへ流入し続けていた田んぼが数枚!
これは9月になってから一気のようだが、
WCS作業に追われて監視出来なかった。
特に自宅から約10kmと遠い地域では (×_×)

50.JPG

あまりにドロドロ過ぎたのが幸いか、
前後進の繰り返しで何とか刈り取れた (^0^;)

51.JPG

地主さんに対応をお願いしたが果たして・・・。

52.JPG

空模様との闘いでもある。
特に北部地域は急に変わるので、
怪しい様子に判断力が問われる。

53.JPG

そんな時にスマホの天気予報は便利。
あと1時間後に襲われるならば、
区切りよく撤収だ。

54.JPG

満タンにし、テント掛けヨシ!

55.JPG

しかし時間がありそうなので少し粘る。
目立ったクサネムを今の隙間時間に。
この10、15分の手間が大きいので。

56.JPG

約7km、15分弱で小屋へ到着すると、
程なく雨が降ってきて、セーフ!
素晴らしいタイミングが嬉しいかも ♪

57.JPG

そんな繰り返しで町内を移動の毎日。
多くのモミジマークの35km/hに、
心を乱されながら・・・(--#)ヤレヤレ

59.JPG

刈取りはようやく2/3。
何事も天候次第なので空を見上げてばかり。
すると足元の犬や獣の、
ウンチを踏んづけてしまう (×_×)


nice!(0)  コメント(0) 

籾摺り2019(1) [2019稲作作業]

刈ったら摺る!

61.jpg

その籾摺り準備は、
まず小屋内のホコリやゴミ清掃で半日。
チリが落ち着いた翌日以降に、
機械や設備のセッティングだ。

63.JPG

主力機の籾摺り機も今年で最後だ。
ガタがきたり穴が空いたりで満身創痍だし、
フレコン対応なれば5インチへアップしたい。

64.JPG

計量、選別機で忙しい袋対応。
何れはここへ色選機かも (~_~;)

65.JPG

中米、クズ米のパレットOK!

67.JPG

まずは袋からスタート。
フレコン未対応の業者なのだが、
今後をちょっと考えてしまうかも。

66.JPG

そして必ず何かある今回は、
フォークリフトのバッテリーが!
そんなに古くないのに (>_<)

68.JPG

ここは新品交換で某HC品だ。

69.JPG

さてドキドキの始まりは、
まずは籾摺り機が大関門だ。

78.JPG

何とか仕事をするので安堵し、
後はロボットの如くイソイソと。

72.JPG

4インチの22俵/hでもいい汗かくにの、
5インチで30俵/hになったら、
ついて行けるのかしらん (^0^;)

73.jpg

74.JPG

そしてフォークリフトは怖いと心得るべし。
崩さないように慎重に慎重に・・・ああっ!

75.JPG

・・・とならぬようにノロノロと。
傾斜地なので、おっとっと~♪

76.JPG

その業者倉庫も鬼門。
出入口が傾斜地で、
周囲は交通量が多く油断できない。

77.JPG

どんな作業でもドキドキはらはらと、
適当な緊張感が良いのか悪いのか。
また恐怖の検査結果にも気が休まらない。

疲れるから呑んで寝る (-_-)゚zzz…



nice!(0)  コメント(0) 

湘南研修旅行2019(2) [2019視察・研修]

今日も張り切ってスタート!

11.jpg


さて2日目は穏やかな熱海の朝。
→ 湘南研修旅行2019(1)

12.JPG

嫌な寝汗を流すべくひとっ風呂。
あ、寝ぼけて間違えた、すいません ♪

13.JPG

昨夜のラーメンが重いが、
食べることも団体行動だ(?)

14.JPG

出発まで時間があるので、
散歩に出掛けた一部のオジさん達だが、
「オレ達、迷子になったみたいだけど、
 そこから見えるか?クレーンの辺り」
「見えませーん、判りませんよ (--#) 」
よく理解出来ない救援電話だ。
「消防団長の指示では、
 遅れたら置いて行く、とのことです」

15.JPG

かれこれ1時間か、
ふとベランダに出ると、戻る姿が見えた。
「いやぁ、(いろいろな意味で)汗かいた」

さて今日は一路帰郷だが、
まずは箱根観光を愉しむべく、
熱海峠へ上り、尾根を北上し芦ノ湖へ。


湖畔の箱根駅伝ミュージアムと、
箱根関所を巡るのだ。

16.JPG

また来たぜ、確か通算6回目だ。

17.JPG

新宿からいろいろ乗り継ぐと、
ここまで来られるんだよね d(^^)

18.JPG

んでゴール!ヽ(゚Д゚)ノ とな (^_-)☆

19.JPG

そのムュージアムは5回目だ。
さすがに飽き飽き・・・(>o<);;;

20.JPG

そこから徒歩移動の箱根関所は、
初めての箱根以来なので32年ぶり?

23.JPG

32年前の記憶は朧気なので、
改めて初訪問気分で愉しむ。

24.JPG

25.JPG

26.JPG

関所破りなどの罪人を留め置く獄屋では、
記念撮影コーナーも人気とか。

82.JPG

81.JPG

また雪隠でも尻を出して記念撮影も(嘘)。

27.JPG

研修旅行らしく、
当時の建築技術の高さを示す、
木組み等にも興味津々だ。

83.JPG

そんな見学中に気になるエンジン音が。

30.JPG

自然と目がゆく草刈り。
仕事柄、特に傾斜地作業なれば、
見ているだけで疲れてしまう (~_~;)

32.JPG

と、横目に高台の監視所へ上る。

34.JPG

いるいる。
お役目ご苦労様です。

35.JPG

36.JPG

隣接の資料館も良かった。
関所破りの罪人の顔写真とか笑えたし。

38.JPG

当時の雰囲気を十二分に堪能した後が、
ホントの関所かも=ヤバいお土産物屋群!

42.JPG

さっそく捉まっている。
寄木細工の地場産業らしく、
木組みパズルで頭の体操だ。

43.JPG

買う気になれば幾らでも買える、
恐ろしい所だ (@@;)
このベンチも欲しいかも。

44.JPG

数年通い続けるごとに見送っていた、
秘密箱をついにGETしてしまった。
(滞在時間が長いので流された・・・)
しかも何を血迷ったのか21回品!=
=箱を開ける手順に21回を要すのだ。
大事な物を隠す実用品なれば、
5回か7回が現実的だろうが、
21回なんて覚えていられる自信がない=
=入れたら最後?ヤバいじゃん!
(帰郷してから気付いてしまった (-_-))

45.JPG

さて次は山を下って蒲鉾屋なので、
そこは箱根駅伝中継点なればコース=6区にて!


すっかり自分の庭感な私の、
コースの見どころ、解説で車内は熱い。

47.JPG

やがて蒲鉾屋へ到着だ。
駐車場から案内のオッちゃんが解説。
「駅伝の時は、この花壇をどけて、
 選手の侵入口とするんだよ」
→ 鈴廣蒲鉾本店 | 鈴廣かまぼこの里

49.JPG

まず昼食は地ビールで乾杯 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )
金目鯛の炙り飯は美味かったが、
まだ、おでんには早いだろ~(~_~;)

50.JPG

またいつものモノを買うか・・・。

53.JPG

ワンコインのお試しバー。

54.JPG

美味し!(*^_^*)

55.JPG

そして忘れてはならん、
中継点の確認ヨシ!ヽ(゚Д゚)ノ

56.JPG

なんだかんだ言っても結局愉しんだ=
=参加100%の原則を完遂!
→ 第二の故郷・・・箱根におかえり~♪

さらば箱根路。
今度こそ、しばらく来ることはなかろう。

60.JPG

後は再び海老名JCTから、
圏央道、関越道で一路帰郷だ。
例の木組みパズルを借りて、
取り外しに悩み続ける。
すぐ解答紙を見る根性無しもいるが、
私は自分の力で解明してみせる!

61.JPG

そして帰路も同じく、
延々と食べ続ける御一行。

62.JPG

うつらうつらの居眠りも含めて、
悩むこと3時間!
偶然に取り外せること数回だが、
正しい手順が解らないのでギブ。
この仕組みを考えた人は凄い (^_^;)

64.JPG

関越道の名所を眺め、
やがて新潟県に入れば帰郷気分だ。

65.JPG

夕食はラーメンとのことで、
いったんICを下りて、
何処へ行くかと思ったら・・・。


なんと!
日本の名店 杭州飯店だ ヾ(^v^)k

67.JPG

まさか最後の締めがココとは幸せ ♪
→ 杭州飯店・・・至高の双璧

69.JPG

昨秋に授与された表彰状をハッケーン!
ラーメン界に地域に貢献度は抜群なので、
当然でありましょう、
おめでとうございます!

70.JPG

やがて小国町へ帰還。
運転手さん、2日間の長きに渡り、
ありがとうございました <(_ _)>
皆さま、お疲れさまでした (^^)/

72.JPG

お土産は「熱海」・「箱根」、
と書いてあることが重要だ。

74.JPG

75.JPG

そんな勝負前のひとときでした。
さて稲刈りをガンバろう!  (終わり)


nice!(0)  コメント(0) 

湘南研修旅行2019(1) [2019視察・研修]

viva♪ 佳純ちゃんにデレデレ (*^_^*)

09.JPG

9/ 10・11は小国町の農業者による、
全農 営農・技術センターを中心とした、
視察・研修旅行で出動してきた。

10.JPG

昨年は都合で不参加であったので、
今年は2年分の気合いを入れて臨む。
視察・研修=勉強大好き v(^^)v


すっかり日が短くなり日の出も遅い、
薄暗い早朝5時に集合し出発だ。
新潟県村上市の荒川胎内ICから、
新潟、長岡市を経由し関越自動車道で、
神奈川県の湘南地方を目指す。
越後川口SAで休憩と併せて、
信濃川の肥沃な田んぼを視察ヨシ!

13.JPG

約11kmの関越トンネルを越えて、
上杉謙信の如く関東へ出陣 ヽ(゚Д゚)ノ

14.JPG

行く先々のSAを攻め落とす=
=常に食べてばかりの御一行。

15.JPG

鶴ヶ島JCTより圏央自動車道へ入り、
東名高速道路との海老名JCTへ。
この数年、いったい幾度、
ここを通過したか・・・?
この春の3月にも来たばかりなのに (^0^;)


このJCT付近は、
いつも混み合い運転は緊張するが、
ただボケ~っとのバス乗りは気楽だ。
運転手さん、お疲れさまです。

17.JPG

新東名のJCTとICも開通し、
かなりな雑多感も首都圏近郊なりけり。

18.JPG

さて厚木ICより下りて平塚市にて昼食だ。
ステーキ店にて欧米牛を食し、
比較の和牛の美味しさを再認識は、
これまた視察でヨシ!( ^_^)/□☆□\(^_^ )

19.JPG

その平塚市に全農 営農・技術センターが。


前日に通過した台風15号は、
房総半島に甚大な被害を与えたが、
この周辺はさほどでな無かったようだ。
しかし暑い (@@;)

20.JPG

そして佳純ちゃんに出迎えられた訳だ。

22.JPG

作物の栽培・生産に係る、
安全安心の確保、及び、
新技術や各種試験の研修だ。

23.JPG

25.JPG

勉強!勉強!

26.JPG

27.JPG

隣接の圃場やハウス群での試験の様子を。

30.JPG

31.JPG

うむ、実際に目にしつつ、
パワーアップしたような気がする。
収穫の秋に向けて士気も上がる。

32.JPG

湘南ナンバーが素敵だ。
これで出来たてホヤホヤの、
堆肥とか運搬したりして (*^_^*)

34.JPG

さて十二分に研修した後は、
宿泊先の熱海温泉を目指す。
R134はいつもの箱根駅伝コースなので、
私の熱い解説が始まる。
「ここが平塚中継所でーす!」

37.JPG

気持ち好き西湘バイパスを快走。
「ここはコースではありませーん!」

38.JPG

やがて小田原市から狭い隘路と、
支払いの面倒な有料道の連続は、
懐かしく思い起こさせる。

39.JPG

やがて2年ぶりの熱海温泉へ。

40.JPG

シンボリックなインチキ熱海城が。
その下に見えるホテルに前回宿泊だ。

41.JPG

「寛一お宮像」と「お宮の松」を横目に過ぎ去り、
銀座通りを流し雰囲気を味わう。

45.JPG

東海道新幹線等の線路をくぐり抜け、
目の前の来宮神社へ参拝だ。


境内は草木に覆われ神聖な気が漂う。
汚れた私も浄化されるか (^^)

47.JPG

見どころの本州一の巨樹の大楠も拝観だ。
これで寿命が1年延びた (*^▽^*)v
しかし頻繁に通過する新幹線の轟音も、
熱海という地域を象徴かな。
→ オレの神社!来宮神社

48.JPG

さていよいよ腰を落ち着ける宿泊ホテル。
前回と同じようなロケーションで、
きらびやかな夜景を眺めつつ、
ひと息のはずだが・・・(^0^;)

51.JPG

まずは乾杯 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

52.JPG

伊豆半島の魚介類に舌鼓。
金目鯛の煮付け美味し!

53.JPG

ホロ酔い冷ましに千鳥足 ♪
夜の熱海を視察・研修=
=勉強!勉強!(*^_^*)

54.JPG

先ほど通った銀座で観光案内所を見っけ!
が、やや・・・(~_~;)

55.JPG

得た情報で射的等を愉しむ。
そもそも目も悪い中で、
ホロ酔いで腕もプルプルと狙いを定める。
テキトーでも当たり、景品GET (^_-)☆

57.JPG

街並み散策≒視察≒彷徨うこと3周?
平日でも賑やかな大観光地の、
視察も終わりに近づき、締めだ。

60.JPG

何となく立ち寄ったラーメン屋で、
『おきたま米』ハッケーン!(゚o゚;

61.JPG

大観光地で選ばれた置賜のコメ!
確かに承り、本日の視察終了!
素晴らしい締めだ d(^^)

62.JPG

満腹千鳥足でトボトボと。
今日で5kgは太ったに違いない (>o<)

64.JPG

66.JPG

おやすみ、熱海の夜。
皆さま、お疲れさまでした <(_ _)>

69.JPG

明日なのか、今日なのか、
鋭気を養いおやすみ~(-_-)゚zzz…(つづく


nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り2019(1) [2019稲作作業]

今年は刈り始めが早く、
進んでいる大規模農家に焦るが、
我が家も彼岸前=台風前に始める。

81.JPG

どんな作業でもシーズン最初は、
調子を掴むまで慎重に進める。

82.JPG

特に機械操作を思い出すまで (^0^;)

83.JPG

今年もMJが応援だ ヾ(^v^)k

92.JPG

84.JPG

今年も鬼のワンオペ=
=自分で刈って、自分で運ぶ。

85.JPG

86.JPG

87.JPG

7月のヒエの大合唱でゴミだらけ・・・。
やはり水の入りにくい所は・・・(ToT);;;

88.JPG

トラックの小屋侵入も、
2回切り返しで定位置へ。
首と腕が疲れる (~_~;)

89.JPG

さて今年の収穫量はどうだ?
が、ここは一番悪い田んぼなので判らず、
最初にこれだから精神的にキツい。

91.JPG

さて総決算の始まり、始まり。

93.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

ペットボトル・バケツ稲の観察(4)終了(×_×) [学び・啓蒙(農業)]

シリーズ告知義務?
→ ペットボトル・バケツ稲の観察(1) (2) (3)

それなりの生育であったが、
それは突然に訪れた。

511.JPG

9/1の様子。
実るほど、頭を垂れる、稲穂かな。

512.JPG

それが9/9の台風15号で、
穂が折れた!(゚´Д`゚);;;

513.JPG

撮影は一週間後の9/17だが。

514.JPG

ゴールまでたどり着かず残念 (×_×)

515.JPG

516.JPG

しかし、まぁ、
この1本苗があそこまで分げつ成長したのだ。

721.JPG

611.JPG

泣くな(ToT);;;
来年はガンバろう!


nice!(0)  コメント(0) 

秋のWCS2019(1) [2019べご=和牛作業]

最近めっきり気温が下がり、
空も秋らしい雲だ。

40.JPG

さて田んぼでは稲のWCSを開始し猛進中。

41.JPG

刈取りのコンバインベーラーは、
専ら会長が担当だが時には私も刈取る。
稲のコンバインを扱えれば、
ほとんど問題無く鼻歌まじりで前進~♪

42.JPG

43.JPG

もちろんトラクターでの運搬も、
トラックへの積み込みに技を要すし、
仕事は何事もコツがあり面白い。
また危険も隣り合わせは言うまでもない。

44.JPG

また機械の扱いは、
迅速な作業の中でも、
長持ちさせるべく、優しく丁寧に!

45.JPG

稲WCSの専用品種「たちすずか」と
「つきすずか」は今年は生育が良好だ。
私の首までの、丈の長さやヨシ=
=収穫量アップ喜ばしい ヾ(^v^)k

46.JPG

稲刈り前に出来るだけ終わらしたい。
3人作業も、私が稲刈りに取りかかれば、
会長と2号の2人作業となるので、
その作業性は雲泥の差なので。

48.JPG

49.JPG

秋らしく西陽も低くなり眩しい。
こんな時に敵に襲われたら、
ひとたまりもない。

50.JPG

(敵って誰だよ・・・(-_-))

51.JPG

18時近くになると、
あっという間に暗くなるは秋。

52.JPG

白団子も順調に貯まりヨシ。

53.JPG

と、中ではトラブルもありきで、
ロールネットのカッターの切れ味が悪く、
作業が遅々とする問題が・・・(×_×)

57.JPG

そんなこんなの一週間で・・・

81.JPG

・・・これほどに確保!

55.JPG

ちょっと置き場が無くなりそうで、
喜ばしい進捗状況だ。

さて、そろそろ稲刈りもせにゃならん!


nice!(0)  コメント(0) 

誰も判らない本人しか・・・献杯 [2019ひとりごと]

何気にチラシを見ると・・・

61.JPG

あ、昨年あの日の俺だ (^_-)☆

62.JPG

ちゃんちゃん ♪


さて昨日9/19は舅殿の命日
酒が好きだった親父殿に献杯。

63.JPG

天国より我々を見守って下され <(_ _)>
収穫の秋、
無事にシーズンが終わらんことを。



nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り直前の畦草刈2019 [2019稲作作業]

秋らしい朝靄の早朝。

71.JPG

稲刈りに備えて畦際の草刈りだ。

72.JPG

専ら早朝と隙間時間に。

73.JPG

奇麗な黄金に染まればヨシだが、
特に水口等が青いままで、
バラツキも多く悩ましい。

74.JPG

あの大溝切り跡も好い感じ d(^^)

75.JPG

そんな稲刈り直前なのだが、
同時に稲WCSも進めたいので、
準備もドタバタと鬼気迫る日々だ。

76.JPG

今日も突然に会長が何かを言い出し、
自分の思い通りに進まない歯がゆさよ。

77.jpg

今日も知恵を出せるように (--#)m


nice!(0)  コメント(0) 
前の15件 | -