So-net無料ブログ作成
学び・啓蒙(農業) ブログトップ
前の10件 | -

ペットボトル・バケツ稲の観察(4)終了(×_×) [学び・啓蒙(農業)]

シリーズ告知義務?
→ ペットボトル・バケツ稲の観察(1) (2) (3)

それなりの生育であったが、
それは突然に訪れた。

511.JPG

9/1の様子。
実るほど、頭を垂れる、稲穂かな。

512.JPG

それが9/9の台風15号で、
穂が折れた!(゚´Д`゚);;;

513.JPG

撮影は一週間後の9/17だが。

514.JPG

ゴールまでたどり着かず残念 (×_×)

515.JPG

516.JPG

しかし、まぁ、
この1本苗があそこまで分げつ成長したのだ。

721.JPG

611.JPG

泣くな(ToT);;;
来年はガンバろう!


nice!(0)  コメント(0) 

ペットボトル・バケツ稲の観察(3) [学び・啓蒙(農業)]

前回より1ヵ月以上の、
随分とその後だ (^0^;)
 → ペットボトル・バケツ稲の観察(2)

611.JPG

1本植えもすくすくと。

612.JPG

出穂確認は8/15なので、やや遅い程度だ。

613.JPG

2本植えの立派に!ヾ(^v^)k

614.JPG

出穂ヨシ!

615.JPG

タライのペットボトルは悲惨。

616.JPG

成長した稲体に対し、
根部分は窮屈で頭でっかちなので、
特に風の日は煽られて、
いつも転んでいる (>_<)

617.JPG

しかし一応出穂だ。

618.JPG

土の部分=根の部分を考察すると、
実際の田んぼでも同じように推察されるか?

619.JPG

例えば疎植とか。
様々に想像を膨らませると面白い d(^^)


nice!(0)  コメント(0) 

ペットボトル・バケツ稲の観察(2) [学び・啓蒙(農業)]

6/3に植えて、4日後の6/7だ。
名人の苗は問題無いが・・・

711.JPG

・・・私の苗が枯れている?(ToT);;;

712.JPG

どうなってしまうのだ (>_<)

713.JPG

そして6/21は18日目。
何とか回復したが生育状態はこの有様。

714.JPG

そして7/1は28日目。
それなりに分げつし、
2本植えゆえか賑やかな姿に。

715.JPG

一方、1本植えの6/21(18日目)。

721.JPG

7/1(28日目)。

722.JPG

名人の苗。

723.JPG

私の苗。

724.JPG

ペットボトルもそれなりに。

731.JPG

732.JPG

名人と私の根張りを観てみよう。

733.JPG

右の私の方が良い感じだが、
バラツキはあるわな。

734.JPG

戻しておこう。

741.JPG

水槽もゴチャゴチャなので、
もう一層追加すべきか?

742.JPG

特に数値測定もせず、
たまに見てるだけだが、
生育テンポに気付く所はある。

743.JPG

土を替えて比較するなど、
パラメーター変更案が湧くが、
それは来年に持ち越しだ。


nice!(0)  コメント(0) 

ペットボトル・バケツ稲の観察(1) [学び・啓蒙(農業)]

余った苗をペットボトルと、
バケツへ植えて観察してみよう。

81.JPG

我が一番良い田んぼの泥だ。
今日も泥んこ v(^^)

82.JPG

苗は自分のものと、
実は名人から頂いたものを比較してみる。

83.JPG

84.JPG

さてどうなるか?

85.JPG

田植え開始時期に植えれば良かったかも。
6月ではなぁ・・・(^0^;)

86.JPG

87.JPG

88.JPG

まずはお遊び気分で (^_-)☆

89.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

座学で投資 [学び・啓蒙(農業)]

稲作は苗半作と云われるくらい重要だが、
相変わらず判らないことだらけだし、
試してみたい技術もあれば、まずは座学だ。

72.JPG

専門書は決してお安くないが自分への投資だ。

73.JPG

財布も寒々だが、
今日は昨日と打って変わって、
寒波襲来で再び真冬へ逆戻り。
やはりまだまだ油断は禁物だ (>_<)

71.JPG


写真でわかる イネの反射シート&プール育苗のコツ

写真でわかる イネの反射シート&プール育苗のコツ

  • 作者: 農文協 編
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2017/02/03
  • メディア: 単行本



トラクタ名人になる!―耕耘・代かき・メンテの技 (現代農業特選シリーズ―DVDでもっとわかる)

トラクタ名人になる!―耕耘・代かき・メンテの技 (現代農業特選シリーズ―DVDでもっとわかる)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2016/10
  • メディア: 大型本



nice!(1)  コメント(0) 

来年へむけて研究 [学び・啓蒙(農業)]

最新トレンドは何か?
各メーカーの売りは何か?

18.JPG

来年以降へ向けて、
ますはカタログにて物色と研究。
そして専門家のアドバイスや、
ユーザーズボイスを集める。

19.JPG

そんな物色している今が愉しい (^^)


nice!(0)  コメント(0) 

『ファーマーズハイ!徒話を育てる農業家』 [学び・啓蒙(農業)]

前作 『がちんこ農業生活 会社勤めよりは楽しいか?』
をネットで見つけて知った、新潟市の曽我さんの最新作だ。
あるある的な、農家だから判るネタはもちろんだが、
そもそも文章が抱腹絶倒面白い!
私もリスペクトしたいが如何せん才能の差が・・・(×_×) 


[Amazon 商品紹介より]--------

新潟の片隅でトマト専門直売所を開業し、
悪戦苦闘している著者夫婦の姿をコミカルに描いたエッセイ。
「育てるのはトマトの先にある食卓での笑顔」をモットーに、
読者を徒話の世界に引き込みます。
(本書は2009年から2014年まで新潟日報生活面で連載していた、
コラム「ファーマーズハイ!」を加筆・修正したものです)
著者略歴 そがしんいち: 株式会社曽我農園代表兼トマト生産者。
2006年就農。2012年に株式会社曽我農園を起業し、
トマト専門直売所をオープン。
究極に美味しいトマトを栽培するため日々、邁進中。

P1360708.JPG

P1360709.JPG

相変わらずユーモアたっぷりで読み応えがある。
そして、いつも愉しそうな香りがぷんぷん♪漂う・・・これも目標だ (^^)

→ 株式会社 曽我農園
→ ファーマーズ・ハイ!


ファーマーズハイ!徒話を育てる農業家

ファーマーズハイ!徒話を育てる農業家

  • 作者: そがしんいち
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2014/10/11
  • メディア: 単行本



がちんこ農業生活 会社勤めよりは楽しいか? (P-Vine BOOks)

がちんこ農業生活 会社勤めよりは楽しいか? (P-Vine BOOks)

  • 作者: そがしんいち
  • 出版社/メーカー: スペースシャワーネットワーク
  • 発売日: 2008/08/02
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(0) 

『プロフェッショナル農業人 ―“儲かる農業"をどうつくるか』 [学び・啓蒙(農業)]

何名かの著書は既読で知っているが、
一同の事例紹介で改めてヒントが判りやすいかも。


TPP問題で揺れる今、
いかにして国際競争力をもった高収益農業をつくり上げるか?
農業における7人のイノベーター(革新者)たちの、
ビジネスモデルをもとに徹底分析。
規模拡大に頼らない、品質本位で安全・安心な、
日本に合った「稼げる農業」のあり方を提示する。

■ 岩澤信夫――不耕起移植栽培による環境再生農業
■ 藤崎芳秀――岩澤農法を完成させた米づくり
■ 石井稔――有機栽培の高付加価値な米づくり
■ 新福秀秋――ICT(情報通信技術)を活用した農業
■ 秋川実――初の株式公開を実現した企業的農業経営
■ 近藤一海――地方の中山間地での専業農業
■ 長谷川久夫――首都圏で展開する専業農業

P1340447.JPG


プロフェッショナル農業人 ――“儲かる農業

プロフェッショナル農業人 ――“儲かる農業"をどうつくるか

  • 作者: 大澤 信一
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(0) 

『現代農業』今月号のいいね!アイデア [学び・啓蒙(農業)]

愛読誌『現代農業』の今月号をパラパラと・・・。

56.JPG

中学生農家の記事が微笑ましい。
どの世界、分野でも意欲的な若者の姿は活性化の源だ。
私も中学生でトラクターに座った思い出はあるが、
「仕事」をした記憶は無いので感心だ。

57.JPG

さて今月号でハッ!とした記事(アイデア)はこれ↓

58.JPG

新築牛舎建設を考えていたときに引っかかっていた案件で、
施設外周を柵で囲うは必須とするが、
我々が毎日行き来でゲートを開閉するのはかったるいと想像していた。

鉄パイプのスノコ=実践事例であることの安心感・・・これはいいね!
これも頂こう (^^)


現代農業 2014年 07月号 [雑誌]

現代農業 2014年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2014/06/05
  • メディア: 雑誌


nice!(1)  コメント(0) 

家族で 『フード・インク』 を観た [学び・啓蒙(農業)]

戦慄の先の書に勢いづいてのドキュメンタリー映画で、
GWに1号が帰省していたので家族みんなで観賞したが、衝撃の内容にゲンナリ (ToT)

P1210376.JPG

  → 映画「フード・インク」予告編

これぞ食育! 子どもの前に、まずは大人が必見かも。
食料業界、政府、独占的大企業の癒着による、金儲けのためには何でもアリ=
=命、安全・安心なんてクソくらえ!

なんのための「食」なのか?
本作品も「自分の頭で考える」一助であろう。
(今回も「無知とは罪」とも強く感じてしまった・・・)


フード・インク [DVD]

フード・インク [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD


同様なドキュメンタリー映画が多いが、次も興味がある。

  → 映画『モンサントの不自然な食べもの』予告編

人間は愚かで腐っている。
やはりTPPは怖い (×_×)



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 学び・啓蒙(農業) ブログトップ