So-net無料ブログ作成
2019稲作作業 ブログトップ
前の10件 | -

来期は既に始まっている [2019稲作作業]

86.JPG

刈り取って、籾摺りして、
初めて仕上がりを確認出来るが、
その最中に来年の種籾注文の期日だ。

87.JPG

来年は今年減少した面積を戻すが、
何処に何を植えるの作戦を練る必要がある。
傷心なところになかなか辛いが・・・。

タイトル:『さらば銀閣寺とともに』
89.JPG

さて、某HCも米処の新潟本社ゆえか、
営業活動は活発で、その努力姿勢に、
応えたいような気もするが人情かな。

88.JPG

現在53歳。
来年は4年生。
あと20回しかトライ出来ないを自覚だ。

人生は思っているよりもずっと早い。
やりたいことは今すぐやろう。
明日生きている保証など無いから。

だからの座右の銘:
一寸の光陰、矢の如し!
(これテスト出るよ~(^_-) )


nice!(0)  コメント(0) 

籾摺り2019(3)出荷終了 [2019稲作作業]

稲刈りは終わるが籾摺りは、
違う仕事と雑事に追われてチンタラと。

10.JPG

ではいつもの燃えるオープニング曲 (--#)m
(何となくボン・ジョヴィ続き?(^^))


ポータブルラジオを聴きながらだが、
機械群の轟音でほとんど聴き取れないが、
そんなノイズでも単調さを軽減してくれる。

11.JPG

シーズン終盤の袋詰めは、
心身共に疲労と厭戦感が漂い、
1時間作業して止め~♪などとチンタラ。

13.JPG

しかし集中すべきはフォークリフト。

15.JPG

この集大成を引っ繰り返したら大事だ。
あんなことはあってはならぬ ヽ(゚Д゚)ノ

16.JPG

傾斜で斜めに後進する、ここが最重要で、
狭くなる間口の両脇にぶつけないように慎重に!
その後に気を緩ませるも危ないので、
パレットを地面に置くまでは集中だ ヽ(゚Д゚)ノ

17.JPG

最後の方は籾殻も小屋内に積上げ放置し、
来年夏に袋詰めとする。

18.JPG

そんな数日を繰り返し、
いよいよ最後の籾摺りだ。

20.JPG

21.JPG

外は日射しが心地好い。
気温もめっきり低くなり太陽がありがたい。

22.JPG

何とか走りきりそうな4インチ。
各所穴だらけで忙しかったが、
最後まで仕事をありがとう。

23.JPG

24.JPG

ここに至ると「もう最後か・・・」、
と少し寂しいような気もする=
=収入確定が良いのか、悪いのか (^_-)

25.JPG

まずは無事に出荷先に届けてこそなので、
運搬作業も集中!集中 (--#)

26.JPG

町内中心部を抜けての6kmの、
ドキドキハラハラも終了だ。

27.JPG

最後のパレットを見送り、
今シーズン終了あざーす <(_ _)>

28.JPG

そしてお決まりの祝杯 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )

29.JPG

そして何処からか流れる、
いつものエンディング曲が!


「オレはやったぜ!」
の高揚感で脳内晴天、
めでたし、めでたし!(^^)


nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り2019(5)千秋楽終了 [2019稲作作業]

コンバインのキャビンで今日も流れる、
闘いのド・ストライクBGM ヽ(゚Д゚)ノ
ニューヨークへ行きたいか!」なつっ。


さて稲刈り15haの最終地は、
その道のファン垂涎の聖地 朝篠地区
なので「ゆる鉄」風に ヾ(^v^)k

51.JPG

52.JPG

危険な乗用溝切り機での、
7月作業の溝跡が見事に残っている。

53.JPG

角の踏み倒し跡は、こんな感じで。
まずは効果有りでヨシなので、
来期は全田んぼを攻めよう。

54.JPG

56.JPG

常にモニターで排出位置を確認しているが・・・。

57.JPG

たまにタイミングが良いのか悪いのか、
スマホ着信に気を取られ、
傾斜地なので微妙にコンバイン前進=
=排出位置ずれで・・・(>_<)

58.JPG

バケツで20杯=約1俵かも!
毎年一度はやってしまう (゚´Д`゚);;;

59.JPG

実は先のSGS作業時にトラブった、
コンテナからの排出部。

61.JPG

バネラセンが暴れて曲がり、
中に引っかかってしまい、
取り出すのに大苦労であった。

62.JPG

排出側もベアリング損傷、
押さえ軸折れ発覚でボロボロ (ToT);;;
何とか今期を乗り切っておくれ。

63.JPG

そんなこんなの終盤で、
明日がいよいよ最終日か。

65.JPG

帰省中の3号のおかげで、
雑多な居間に、ちとイラッ (--#)
ま、元気な顔を見られて嬉しいのだが。

66.jpg

そして最終日=千秋楽。
いくら雨を挟んでも予定より1週間遅れか。

68.JPG

倒伏部を刈るもまた愉し。
1年の仕上げ作業を噛み締める。

69.JPG

そして撮らずにゃおれない、
哀愁の1輌米坂線 (*^o^*)

70.JPG

いよいよ最終コーナーを立ち上がりゴールへ!
軽油も上手く使い切りヨシ。
終了、コンバインよ、お疲れさん。

72.JPG

コンテナのラセンも減りまくっていたが、
何とか最後まで仕事をしてくれてありがたい。
バネラセンは更新決定だが、
コンテナ本体も要検討か (~_~;)

71.JPG

そんな安堵に気を抜いてはいけない。

73.JPG

コンバインを無事に帰還させて、
はじめて終了なのだから。
あー終わった、終わった (--#)喝!

74.JPG

その夕方に3号が去り、
入れ違いに夜に1号が帰省だ。

76.JPG

・・・お前は行商人か (~_~;)

77.JPG

まずは稲刈り終了祝いの肴がありがたい。

78.JPG

そして籾摺り、出荷で大団円予定。
今期も反省点は多く課題山積みだが、
それもまた伸びしろ有りでヨシ。

79.JPG

さて・・・
・・・ご褒美は (^。^)y-゚゚゚ウヒヒ
・・・向けてトレーニングするぞ (`へ´)フンッ


nice!(0)  コメント(0) 

続・憧れの色彩選別機 [2019稲作作業]

そんなことで営業マンは早く、
カタログと見積書を持って来やがった。
→ クボタ色彩選別機 選別王Ⅱ

89.JPG

お薦めポイントに心は弾む ヾ(^v^)k


むむっ・・・が、
実際でも200万強なれば憧れの域を出ない。
その前の優先更新が待っているので (^。^)y-゚゚゚


nice!(0)  コメント(0) 

泣きの籾摺り機 [2019稲作作業]

その4インチ籾摺り機。

13.JPG

モーター負荷レッドゾーン間近で暴走だ。

14.JPG

ある時に下部から粒漏れを発見。

15.JPG

あー!穴開きやがった (--#)

16.JPG

曲部なれば、
空き缶を切取り、テープで貼る応急処置。
しかし直ぐに穴が開くので、
だいたい5回ごと交換で面倒だが (--#)

17.JPG

一方、直線・平部は厚い鉄板で (--#)

18.JPG

他にも穴だらけ!
また壊れたり、怪しい部分も多く、
正に満身創痍で息も絶え絶え。
あーまったく泣きが入る (゚´Д`゚)

19.JPG

帰宅するとタイミング良く、
5インチ機等の見積書が届いていた。
そろそろ休みなさいの啓示か。

でも、もう3ha分ガンバって!


nice!(1)  コメント(0) 

憧れの色彩選別機 [2019稲作作業]

今年も着色、斑点に頭痛が痛い (-_-)

21.JPG

色彩選別機が欲しいかも。
5インチライン対応品では、
本体+周辺機器で250~300万円か。



設置場所は何とかなりそうかも。

23.JPG

が、そんな新品は、
おいそれとはゆかぬが、
中古が100~150万円で、
取引されているようなれば、
ちょっと考えてしまうかも。

あくまで「かも」=憧れ (^_-)☆


nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り2019(4)お互い邪魔 (--#) [2019稲作作業]

3日晴れて2日雨という感じ。

61.JPG

さて地元地区へ帰還し、
山形ハイエンドつや姫の刈取りだ。

62.JPG

北部地域のはえぬきに頭痛であったが、
このつや姫は収量ヨシ!ヾ(^v^)k
長引く稲刈り作業が嬉しい。

63.JPG

そんな地元地区名物が、
刈取った藁の直ぐWCS!

64.JPG

長目カットの廃藁を、
ロール&フィルミングだ。

65.JPG

後工程になるWCSは工数を要するため、
鼻息荒くコンバインの後ろを猛追だ。

66.JPG

67.JPG

運搬のトラクター、トラックも。

68.JPG

稲刈りの籾トラックも同じ出入口なれば、
いちいち移動がかったるい。

69.JPG

・・・ということで結論=
お互い邪魔 (--#)

70.JPG

大型機械同士で接触した過去があるので、
お互いピリピリしつつ、お互い猛進!

71.JPG

72.JPG

何はともあれ、少々遅くなろうが、
地元地区は近くて楽チン楽勝。

73.JPG

まだまだ闘いは続く (--#)


nice!(0)  コメント(0) 

フレコン作業のアドバイス [2019稲作作業]

そんなフレコン作業。

51.JPG

保管先でもナナメリーノ!
「お前のは直らねー(--#)」
とのこと・・・・(゚´Д`゚);;;

52.JPG

さて刈取りはつや姫となり、
出荷先の都合でフレコンは不可で、
袋作業となっている。

53.JPG

54.JPG

そんなところで先日、
同じ置賜地区内の稲作農家さんから、
同じフレコン作業機での、
アドバイスのコメントを頂いた。
まったくありがたいことだ。
既に今年のフレコン作業は終了したが、
来年の参考にさせて頂きます。

55.JPG

こんな情報を得ることも、
ブログを続けている、
目的のひとつでもある。

皆さま今後もよろしく、
お願いいたします <(_ _)>


nice!(0)  コメント(0) 

稲刈り2019(3)今年も泥んこ格闘 [2019稲作作業]

あの舟渡地区の泥んこにも参ったが・・・

51.JPG

・・・ここ小渡地区にも嫌な予感の田んぼが。

16.JPG

いつの間に水が入っているんだ!(--#)
しかも雨開けなので気持ち倍満 (×_×)

17.JPG

まずは奇麗な横一方向なので刈れる。
最新機の恩恵をひしひしと感じる。

18.JPG

はぁ~やれやれ (^0^;)

19.JPG

30a一枚の中でも生育状況は雲泥の差。
奥は水が掛からずパッサパサは、
特に夏場の水管理に課題有りだ。

21.JPG

隣の田んぼも同様に酷い。

23.JPG

ここで水田長靴で手刈り!
の元気などあろうはずもなく、
踏んづけても潰してもやむなし!
と覚悟して前進すると、
案外上手く刈れたりする (^。^)y-゚゚゚

24.JPG

水路の分岐マスが完全に止められず、
チョロチョロと流れ込んでおり、
どこから田んぼに入るのか?
水口はがっちりと止まっているようだが。

25.JPG

んんん!

26.JPG

あった・・・(゚´Д`゚);;;

27.JPG

稲刈りが終了したら、
秋の内にモルタルで埋めておこう。
一体何ヶ所あることか?

その際、面倒なのは、
地域内の防火用水として常時流している水路だ。
他地域から止める段取りは非常にやっかいだ。

仕事って辛いな・・・。

と弱気になることのひとつ。
ニンジン=ご褒美に向けてガンバるか (-_-)


nice!(0)  コメント(0) 

籾摺り2019(2)フレコン作業は蜜の味 [2019稲作作業]

さて出荷先によりフレコン作業の開始だ。

31.JPG

あまりに楽チンで、
クズ米の袋作業さえ嫌に感じる。
まさに蜜の味は堕落させまくる (^_-)☆

32.JPG

しかし相変わらず、
座りの悪いもの=
=ナナメリーノを作ってしまう。

33.JPG

そこで荷台への積み方向も工夫をし、
最悪を避けるべく前へ逃げる。

39.JPG

ゆえにロープは必須。
これで安心して国道や町内中心部を、
精神衛生良く暴走できる d(^^)

35.JPG

ゆえに真っ直ぐ品でも、
到着する時にはナナメリーノ!

36.JPG

努力はしているつもり。
最初の200kgまでの形が重要か?

38.JPG

シュート位置も試行錯誤。

37.JPG

でも結果、ごめんなさい <(_ _)>

しかしフレコン(1092kg)は、
作業軽減の効果大だが、
良いものも悪いものも混合なれば、
結果的に30kg袋よりも、
等級が出ないものも多い。
それは現状の私の実力でもあり、
反省、課題でもあるが・・・。

・・・伸びしろ有り!

と前向きに受け入れよう (^^)


nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - 2019稲作作業 ブログトップ